検索

Reed's Academy of Language 始動!

最終更新: 2018年4月20日


2012年1月からスタートした「親子で英会話 MAMA:to English」は2018年4月より”Reed's Academy of Language”として生まれ変わります。


















17世紀フランスの思想家パスカルは、代表作『パンセ』の冒頭で、「人間は自然のなかでもっとも弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、それは考える葦である」と述べています。


広大な宇宙に比べれば確かに人間はちっぽけな存在にすぎません。しかし、その「思考」という能力は人間に与えられたとても素晴らしい能力で、使わなければ「無力」であることと同じ、という風に捉えています。


英語をはじめとした全ての語学も、所詮は道具と同じツールにすぎません。


ただ知っているだけでなく、「考えて」さらに「使う」からこそ、いかに語学が人間が使うツールの中で無限の可能性を秘めたものなのか。これからを生きていく、若者だけでなく全ての人たちにその「学んで、考えて、使う」楽しさに触れてほしいという願いから、Reed(葦)という屋号をつけることにしました。


そして、私の経験と知識が皆さんの学ぶ楽しみの手助けとなれば幸いです。


21-03-2018

Katy K Tomisawa

Principal of Reed's Academy of Language

76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

定着学習はアウトプットが7割〜単語を暗記する

教科学習として英文法を行う場合や、英会話でのレベルアップを図る場合、どうしても切っても切り離せないのが語彙力の強化です。特に中学英語レベルの単語は、基礎中の基礎になるので、必ず覚えていて欲しいと思います。 私もあまり暗記は得意ではなく、イギリスの高校へ進学して歴史を学んだ際、歴史は暗記学習ではなく、あくまでも加点要素だということに驚きました。 さて、本題ですが、その難しい暗記が学習と切り離せないの